献花(けんか)

献花(けんか)はご霊前にお供えするお花のことを指します。

キリスト教での葬儀では献花が行われます。これは本来キリスト教では行われなかったものですが、仏式の焼香に代わるものとして祭壇に1人ずつお花を捧げます。

献花で使われるお花は菊やカーネーションですが、その他個人の好きだったお花も供えられます。献花台にお花を供える場合は、花が右で茎が左にくるように渡され、その後献花台に進み花が手前に来るように持ち直してお祈りを捧げます。

献花の方法は色々ありますが、仏式でいうと告別式などでも献花が行われます。無宗教葬や慰霊祭、仏教祭でも献花は行われ、多くは参列者が一人ずつ花を持ち、式場の前に向かって進み、柩や遺影の前のテーブルに花を置くようにします。場合によっては柩のふたが開けられて、その中にお花を入れていくというパターンもあります。

どちらも両方行なう式典もあり、葬祭コーディネートによってもどのように行うかが変わります。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬