焼骨(しょうこつ)

焼骨とは、葬して焼かれた骨のことを言います。

さいたま市葬儀に有益な葬儀の用語を紹介しています。

仏式では火葬のあとの焼骨は骨壷にに収骨され、土中に埋蔵されるか、納骨堂に収蔵されることになります。

通常の葬儀の場合、告別式の後、遺体は火葬場において火葬に付され、遺骨は親族などにより、骨壷に納められます。

骨壷に収められた遺骨は自宅に安置、または、寺院に預けられ、墓地または納骨堂があれば仏式の場合は四十九日、神式の場合は五十日祭まで墓地に収めるのが通例です。

火葬した当日に墓地に埋葬することもあります。

 お墓に風水的な概念を取り入れた「墓相式」の納骨では納骨堂に赤土を敷き込み、骨壷より納骨袋に差し替え、納骨するか、遺骨のまま納骨することが吉相とされています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬