灯明(とうみょう)

灯明とは仏前に供える明かりのことを指します。油ないしはろうそくの火が使われます。灯明は闇を明るくすることから智慧にたとえらており、古来から重要なものとして捉えられていました。家庭では主に仏壇にろうそくなどで明かりを照らしますが、仏壇に灯明をともすのは、暗闇で旅をしている亡くなった人に仏の導きを与える役目をしていると考えられています。宗派により考え方が異なることもありますが、、仏壇にはふつう二対の灯明がともします。一つは亡くなった自分自身をよりどころとするという意味であり、もう一つは釈迦の教える法をよりどころにするといった意味だとされています。これが、仏壇に灯明をともす意味になっています。近年ではろうそくの代わりにLEDライトによる灯明も登場したようです。

 

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬