涅槃(ねはん)

涅槃(ねはん)とは全ての煩悩が無くなり、悟りの境地を得たことを言い、人が持つといわれている本能から起こる様々な迷いが消失した状態のことです。また仏教の教えでは「死」を意味する言葉であり、仏の悟りの境地を意味します。

また涅槃はニルバーナ(サンスクリット語)とも呼び、火を吹き消すことを意味して、命の火が消されたこと、そして煩悩の火が消されたことを指しています。涅槃自体は釈迦の死を示す言葉で、2月15日が釈迦入滅された日として、涅槃経に沙羅双樹の元で釈迦が涅槃に入る様子が記されています。

釈迦涅槃図はそのような涅槃経に基づいた釈迦入滅の様子が描かれ、北に頭を向けて右脇をしたに横たわる釈迦が描かれたものとして有名です。そのため亡くなった人を北枕にするのはこの涅槃入りから来ていると言われています。中国でも同様の日に寺院では涅槃会と呼ばれる法会が行われることで知られています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬