涅槃図(ねはんず)

涅槃図(ねはんず)とは釈迦の死の様子(これを入滅と呼びます)を描いた図のことです。

涅槃に入ると言う言葉は、釈迦が入滅したことを指示し、入滅の様子を描いたことから涅槃図と呼ばれています。釈迦入滅の日は2月15日とされ、曹洞宗の寺院では涅槃図を飾り、涅槃会を行います。

涅槃会とはお釈迦さまの法要を行う会です。日本最古とされる涅槃図は高野山金剛峰寺が所蔵してることから、この涅槃会は古くは奈良時代から行われていたと言われています。

この図に描かれる釈迦の姿は全仏教徒の理想像として描かれ、涅槃という形は最高の死、理想の死として描かれています。悲しいはずの釈迦の入滅の中に仏教画としての荘厳さを示しつつも、教えは永劫であるということを一枚の図の中に表現しています。入滅と永劫という二つの相対する矛盾を仏教の教えによって解かれた傑作です。この図を読み解くことは自分自身の死に向き合い、死の在り方を考えることにつながるとされています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬