法号(ほうごう)

法号とは法華宗(日蓮宗なども含む)の戒名(かいみょう)のことを指します。法華経信仰に入ったという意味でいただくものですが、本来の意味としては出家前に頂く名前です。

戒名というと一般的には受戒(信者・出家が仏教教団に入るために遵守すべき戒めを受けるということ)をした人に与えられる名前ですが、法華宗ではこの「戒を受ける」ことをしないので、法号と呼んでいます。そしてこの法号はもともと生きているうちに与えられるものでした。

また、院号、道号、日号、位号で構成され、どんな身分のものでも仏の世界では平等という考えのもとに、日号は誰もが2文字で構成されています。院号はお寺に貢献した方、道号は仏教の教えを会得した人として送られます。そのため誰もが道号がついているとは限りません。

また、位号は男性なら居士、女性なら大姉など性別、年齢を表しています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬