法事(ほうじ)

法事は元々仏の教えを宣掦する(せんよう/広く世の中にあきらかに示すこと)を意味していました。しかし、現在では故人の追善供養として行う仏事を指し、年忌を営む仏事を行う意味になっています。

地域や習慣、しきたりによっても異なりますが、一般的には初七日(亡くなって7日目)や四十九日(亡くなってから49日目)などに法要を行います。仏教では亡くなってから49日間を中陰と呼び、この間に閻魔大王による裁きが行われて、極楽浄土にいけるかどうかの判定が下されます。その判定を受ける日が49日目となっており、この日が忌明けになっています。

地方によっては五七日(いつなぬか)が忌明けであることもあります。

亡くなってから満1年を一周忌、満2年を三回忌、満6年で七回忌など、四十九日過ぎると年忌法要となります。三十三回忌になると弔い上げと呼ばれて法事を終了してご先祖と一緒に祀られます。

 

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬