永代供養墓(えいたいくようぼ/えいたいくようはか)

永代供養墓は、お墓参りができない人に代り、お寺や霊園などがそれぞれ決めている年数の間は管理・供養を行なってもらえるお墓のことをいいます。

近年では、核家族化により跡継ぎのいない世帯からの需要も多く、様々なタイプの永代供養墓が商品化されていますが、安価な合同墓による永代供養や、期限付きで合同墓に移すタイプの夫婦限定の小規模なお墓の需要が高まっています。

ただし、お寺の墓地に先祖を埋葬している世帯が死に絶えてしまった場合は、一般的に無縁の合同墓に遺骨を移し、合同墓が永代供養墓となります。歴史の古いお寺になればなるほど、数多の無縁仏を永代供養している事になりますが、無縁仏ですから供養料は一切ありません。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬