永代供養(えいたいくよう)

永代供養の本来の意味は、お墓参りに行くことができない方に代わり、お寺が永代に渡り供養をすることをいいますが、近年は霊園業者や石材店が「永代供養」という言葉を商用に使用している事もあり、解釈が多様化しています。

永代供養とは仏教用語ですが、合祀(神道の合同埋葬)と永代供養を融合させた合同墓を商品化する企業や宗教法人も多く存在します。また「永代」という表現を「永久」と捉えがちですが、三十回忌までの期限付き永代供養というような但し書きのある永代供養墓もあります。

核家族化が進んだ近年、跡継ぎのいない世帯も多く、墓地を必要としない世帯が増えてきています。そういった時代背景も手伝い、新しい形の永代供養が今後も増えていく事になるでしょう。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬