本山(ほんざん)

一宗一派の中枢となる包括寺院を取り締まる寺のことを本山と言います。
総本山、大本山と呼称するところもあります。

本山と末寺の関係

この寺に帰属する多数の寺院を第二次世界大戦前は末寺と呼びましたが、戦後は披包括寺院といいます。

本山は信仰の中心ともされ、また被包括寺院に対する宗務(宗教上の事務のこと。宗教、宗はんほ運営に関する仕事)を司ります。

またその分野全体の中心とみなされるところのことも言います。どうしてこのようになったかというと、江戸幕府が宗教統制を行う時に、本山を定めた上で、その本山をピラミッドの頂点として全ての寺院はいずれかの本山の末寺になるように組織されたからです。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬