旦那寺(だんなでら)

旦那寺とは自分の先祖のお墓が祭られているお寺のことです。

信徒がその所属する寺を呼ぶときに使われて、先祖の位牌を預けたり法事を行います。檀那寺(だんなでら)と書くこともあり、これは檀那も梵語の音訳で、布施を意味します。

旦那寺は布施で成り立っているお寺のことをいいます。そしてその布施する家のことを檀家といいます。先祖の供養をする一方で寺の経済的基盤を檀家の財施に依っているお寺のことです。本来信徒と寺の関係を示す言葉でしたが、江戸時代の寺請精度によって個人が必ず一つの寺に管理されるようになってから、多くの庶民は経済的に支援(お布施)をすると寺と先祖の墓を管理してもらうようになりました。

厳密に言うと今では菩提寺と同義で使われていますが、旦那寺とした場合は「自家の帰依する寺」であり具体的には「檀家となって所属している寺」という意味です。信者は旦那または檀那と書き、寺院に布施をする信者で、檀家となって寺の活動を支える人です。菩提寺は死後の冥福を祈り、供養することを頼む寺なので、葬式寺という意味だけに使われることがあります。さらに厳密に言うとその寺の墓地に墓がある場合菩提寺と言います。

旦那寺は一家が帰依して葬式や追善供養を頼む寺という意味です。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬