新盆(はつぼん あらぼん・しんぼん)/ 初盆(にいぼん・ういぼん)

新盆 ・ 初盆とは、故人が亡くなった後に初めて迎えるお盆を指します。

忌明け前(四十九日前)にお盆を迎えた方はその年のお盆は行わずに、翌年のお盆を新盆として執り行います。

新盆は、親戚や親しかった方を招いて僧侶にお経を上げていただき、その後に全員に食事をふるまうという内容です。

また、親戚や親しかった方で白張り提灯(盆提灯)やお飾りなどをお供えして、故人を偲ぶような方法を行う地域もあります。新盆は亡くなった方も初めて我が家に戻ってくる時期となりますので、迷わないように目印のために白張り提灯が吊るされるようになりました。

この白張り提灯は新盆の後に送り火と一緒に燃やしてしまう場合と、お寺に納めて処分していただく方法があります。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬