新盆(にいぼん)

新盆(にいぼん)とは故人が亡くなった後に初めて迎えるお盆のことです。

この新盆には故人の霊が初めて戻るとされて、初めて戻るということで親族・知人友人が揃い、盛大に行なわれます。お盆自体は毎年行われますが新盆は亡くなって初めてのお盆です。盆棚という祭壇などを設けて盆提灯などの飾りをつけます。

昔は盆提灯を送るのが習わしになっていましたが、最近は住宅事情などで提灯を吊るす機会などが減ったため、提灯よりも現金などをお送りすることが多くなってきました。

新盆は初盆とも言いますが、盆の入りにお墓の掃除をして盆提灯を迎え火として焚くのが通例です。

また新盆には僧侶にお経をあげてもらい、盛大に供養を行い、そのあと皆で会食をして解散します。四十九日の忌明けにお盆になる場合(つまりお盆の数日前に亡くなったなど)は、新盆は翌年とします。新盆は7月ごろに行われていましたが、最近では8月に行われることもあります。これは夏休みが8月であることも起因しており、8月にお盆の法要を行うところも増えています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬