手甲(てっこう)

手甲とは汚れ、寒さ、日射などから肌や体を守るために、上腕から手の甲までを覆うようにして装着する、革や布で出来た装身具のことをいいます。昔は皮製のものが武具として、また江戸時代あたりからは布製のものが旅装束のひとつとして使われていました。現在でも農作業や祭りの際における装飾具のひとつとして使われています。仏具としては死での旅路にむかうという観点から、故人の死に装束のひとつとして普及しました。この他にも死に装束は死での旅路にでるという観点から旅人のようなスタイルにしますが、現在では故人の好きだった衣装やパジャマ・浴衣などを着せることが多く、手甲をはじめとした死に装束はあまり用いられなくなってきました。

 

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬