手水(ちょうず、てみず)

手水とは神道において聖域である神社に入る場合や、神道の儀式の際に参拝者が手や口を漱ぐ水の事をいいます。水は罪や穢れ洗い流すものと考えられていることから、境内に入る前には、自然の川や湧水で身を清める習わしがあります。かつては、神社に入る際には全身を川などで洗い清めていましたが、それが簡略化されて口や手のみ清めるスタイルになりました。作法としては。柄杓に入れた水を3回に分けて左手・右手・左手の順にかけ、最後に左手にかけた水で口を漱ぐのがマナーです。この際柄杓で直接口をつけて漱ぐのはマナー違反なので注意しましょう。神道の葬儀ではこの手水の儀が参列者にとって一番最初の儀式なので戸惑わず行いたいものです。

 

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬