手元供養(てもとくよう)

手元供養(てもとくよう)とは葬儀が終わった後に、故人の遺骨の一部を自宅などの手元に残して供養することです。

最近はお墓を継ぐことが減る、墓が遠くてお参りできない、仏壇自体がないということが増えてきました。そのため、このような遺族が手元に遺灰やお骨の一部を保管して供養することが出てきています。手元供養は納骨はせずに遺骨の一部を自宅に保管したり、納骨はしても分骨する、遺灰として保管するといったように、どのようにするかは人それぞれとなっています。

手元供養は多くが仏式で執り行われ、四十九日が終わると従来納骨していたものを、このように一部だけ保管をしますが、最近では遺骨を自宅で保管する方法も多岐に渡るようになりました。

例えば遺骨を加工してペンダントのようなアクセサリーにする、小さい骨壺に入れてオブジェとして安置するなどが見られます。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬