念仏(ねんぶつ)

念仏(ねんぶつ)とは仏を念じる仏教の行の一つです。念仏を唱えることで仏の理法(道理にかなった法則)を知り、観念念仏(かんねんねんぶつ、阿弥陀仏や浄土を観想する)を行い仏の功徳(くどく、良い行い・ご利益)を念じます。

念仏とは仏の名前を唱える称名念仏のことも指します。また、念仏はサンスクリット語では仏陀に対する帰敬などを指す言葉です。浄土宗(浄土教)における念仏は、阿弥陀仏の名前を唱えることを念仏としています。これは仏の名前を唱えることで阿弥陀様に帰依するという考え方からで、唱えると浄土に導かれて救済されるとしています。

念仏を唱えるというスタイルはすでに平安時代後期には一般の人にも広がっていたと言われています。また鎌倉時代になると唱える念仏に加えて動作なども入り、踊り念仏(踊りながら太鼓などを打ち鳴らして念仏を唱えるスタイル)が始まりました。この踊り念仏は今でも長野県佐久市の西芳寺で重要無形民俗文化財に指定されて残っています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬