忌み言葉(いみことば)

慶弔時に於いて、タブーとされる言葉の事を「忌み言葉」といいます。

葬儀に於いては縁起の悪い言動は慎むという考え方からきています。言葉の例としては「重ねる、再三、くれぐれ、度々、重々、重ね重ね、返す返す、次々」など、不幸が重なる事や繰り返すことを連想する言葉を使わないように心掛けるのが一種のマナーとされています。

また、直接的な表現も避けるように心掛けた方がいいでしょう。「死ぬ→亡くなる」「死亡→逝去」「生存中→ご生前」といったように、悲しみの最中にある遺族に対して、配慮をする事が大切です。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬