御文(おふみ)

御文とは、浄土真宗の葬儀に際して、僧侶が拝読する文章の事を言います。特に真宗大谷派でいう。「白骨の御文」があります。

本願寺派では「御文章」といい、大谷派では「御文」、興正派では「御勧章(ごかんしょう)」といいます。人間のはかなさを諭したもので、葬儀だけではなく、法事などでも用いられています。

「人生の終わりは、年齢に関わりなくやってくる。だからどのような人も後生の一大事を心に留めおき、心から阿弥陀仏に頼み申上げて、念仏申すべきであります」といった内容で締めくくられています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬