彼岸(ひがん)

彼岸は原義には「川の向こうに渡った世界」という意味であり、仏教で言う涅槃の世界です。これに対して煩悩にあふれた現実の世界は「此岸」といいます。人は死ぬと涅槃の境地に立つという教えから、昔から日本では彼岸の時に先祖供養をする風習が生まれました。彼岸は毎年3月下旬の春分と9月下旬の秋分の各日の前後あわせて3日がそれにあたり、太陽が真東から出て、真西に沈み、「暑さ寒さも彼岸まで」という諺どおり、過ごしやすくなる季節の目安にもなっています。彼岸では牡丹餅やお萩などのお菓子と、花と線香を持参して先祖の墓に出向き供養するというのが一般的です。特異な例として沖縄地方では、墓参りはせず仏前で家族揃って豪華な料理を出して先祖の霊と時を同じくするという風習が見られるそうです。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬