弔問(ちょうもん)

弔問とは訃報に接した際に、その亡骸がある家庭などを訪問する事です。親しい知人や親族はできるだけ早く駆けつける事が望ましいです。その際には遺族にお悔やみの言葉などをかけますが、遺族は肉体的にも精神的にも疲れている事がほとんどなので長居はしないようにします。また病状などをくどくどと聞くのは失礼にあたります。服装はとり急いでいるという事で、平服でも構いませんが派手な装飾品は避けます。香典は弔問の時ではなく、通夜・告別式に持参します。一般的な弔問は親族とは事情が違い、逝去直後は遺族は取り込んでいるので、通夜か告別式に弔問するようにします。また取り込み中の遺族に直接電話をかけて、お悔やみの言葉を述べるのは遺族への負担が大きいので差し控えましょう。

 

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬