年賀欠礼(ねんがけつれい)

年賀欠礼(ねんがけつれい)とは喪中の間に新年を迎えた時に喪中はがきとして出すものを指します。近親者が亡くなりまだ1年経っていないときに年賀状の代わりとして出すものです。この喪に服す期間は1年としています。

また、喪中とする親族の範囲は配偶者、両親、兄弟・姉妹、実子、配偶者の両親、祖父母などの直系血族が一般的です。昔は直系血族でも叔父叔母などは3か月だとも言われていた時期がありますが、現在では一律1年とするのが一般的です。

この年賀欠礼は12月上旬には届いているのが礼儀です。そのため準備は11月には行っておくようにします。年賀欠礼にはどの人物の喪に服しているのかを明記しておく必要があります。併せて、故人の名前、命日(または享年)などを記入し、故人との続柄も入れるようにします。

年賀欠礼と知らずに年賀状を出した場合、受け取った場合のどちらも寒中お見舞いで対応するようにします。寒中見舞い自体は年賀状と意味が異なるので、欠礼の礼儀をお詫びするものとして活用することができます。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬