年忌法要(ねんきほうよう)

年忌法要(ねんきほうよう)とは故人を偲び供養することです。初七日から四十九日までの法要を追善供養と呼び、忌明け後(死後満一年)の供養を年忌法要と呼んでいます。

年忌方向は1年目、3年目、7年目といった節目に行われます。

死後1年目の命日に行う法要を一周忌と呼び、2年目を三回忌(2年目以降は亡くなった年を含める)、7年目は7回忌、13回忌、23回忌、27回忌、33回忌となり、この33回忌まで行うのが一般的です。

それ以降は50回忌、100回忌になり、多くの方が33回忌かもしくは50回忌になったところで「弔い上げ(とむらいあげ)」(これ以上年忌を行わないこと)と呼ばれる最後の法要を行います。

これは33年や50年も経つと子供達も高齢になるか亡くなる場合もあり、年忌を続けることが難しくなるので、年忌を打ち切ることです。その後はご先祖様として祀られるようになります。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬