奉書紙(ほうしょがみ)

奉書紙とは楮(こうぞ)と呼ばれる桑科の植物を原料にし、米粉や白土を加えた手すき和紙を指します。

奉書紙は福井県越前市で作られる越前奉書が有名であり、室町時代からすかれていたと言われています。

白くきめ細かいのが特徴で、公家や武家がこの紙を用いて公文書を記すものとして使用されるようになりました。また、将軍からの命令書を奉書と呼んでおり、それが転じて奉書紙という紙自体を表す言葉ができました。

一般的な奉書紙は白で厚めで柔らかいものですが、中には薄く着色された奉書紙があります。奉書紙は礼式の文書や目録などでも使われ、神道の祝詞用にも使われています。

また、最近では化学パルプなどを原料とした機械漉きの奉書紙もありますが、手すきのものと比べると品質は劣るようです。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬