天台宗(てんだいしゅう)

天台宗(てんだいしゅう)は妙法蓮華経(法華経)を経典とした大乗仏教の宗派の一つです。別名天台法華宗とも呼ばれています。

古くは平安時代に最澄(伝教大師)によって中国から伝えられました。本山は比叡山延暦寺で、そののち円仁(慈覚大師)・円珍(智証大師)等の有名な僧侶を輩出しています。また、真言宗は東密と呼ばれ、天台宗は台密と呼ばれています。天台宗のお寺は、中尊寺、寛永寺に始まり、全国各地に4000以上が創設されました。

天台宗の「五時八教(ごじはっきょう)」という教えは釈迦の説法を五時によって定めたものです。そしてその説法と教法の深浅(それぞれを化儀〈けぎ〉の四教、化法の四教と呼びます)を八教という形で分類しました。

この五時とは華厳時、鹿苑時、方等時、般若時、法華涅槃時のことで、それぞれは時期を表すものです。釈迦の出現は法華経の教えを伝えることが本意であるとし、天台宗が始まることになりました。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬