大往生(だいおうじょう)

大往生とは少しの苦しみもなく安らかに死ぬこと、立派な死に方であることを指します。“天寿を全うした”というのは同義語となります。

通夜や葬儀の場で大往生を使うのは遺族側です。「これだけの大往生なのでめでたい」と遺族が挨拶をした場合、訪れて頂いた弔問客に対して労いの言葉として配慮した言葉になります。そのため、弔問客側から「大往生」という言葉を使うのはマナー違反になります。

一般に往生とは死ぬという意味で使われますが、仏教では往生に二つの意味があります。「往」は往くという意味、「生」は生まれるという意味です。そこから、「生かされて往く」と読む往生と「往って生まれる」という意味の往生があります。前者は明るく楽しい人生に生まれ変わったことを「生かされて往く」と考え、後者は「死ぬと同時に阿弥陀仏の極楽浄土へ往って阿弥陀仏と同じ仏の身に生まれさせて頂ける」という考え方です。ここから往生が死という概念で捉えられるようになりました。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬