壇払い(だんばらい)

壇払いとは、壇引きとも呼び、元々は葬式に使った祭壇を引き払う(片づける)ことを指していました。

壇払いは四十九日の忌明け法要に遺骨を祀っている祭壇を引き払うことで、四十九日の忌明けに、精進料理から普通の食事に戻す、精進払いという会食がありました。

しかし、最近では葬儀の最期まで参列した方や手伝った方との会食を壇払いと呼ぶことが増えています。壇払いのかわりに葬儀の後に行われる会食である精進落としが行われことも増えており、徐々に壇払いと精進落としの性質が近くなっていることで、葬儀後の会食も壇払いに含むようになってきています。

精進落としでは四十九日明けに魚や肉などが出されましたが、今では葬儀・告別式後に繰り上げて行なわれるようになっています。壇払い・精進落としで行われる会食には、食事をしながら話をし、故人を偲ぶ席として行うということ。そして、宗教者や町内のお手伝いの方への感謝の席という2つの意味を持っています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬