墓誌(ぼし)

墓誌とは、お墓に埋葬された故人の方の没年月日、戒名、俗名、略歴といったことを記した石版を指します。

実はお墓を購入するときにはこの墓誌は付属されていません。墓誌は後世に亡くなった方のことを正しく伝えるということが目的で、それを見ればご先祖や家の歴史を知ることができるものです。そのため、必ずしも必要という訳ではありません。

墓誌がない時は埋葬者の名前を墓石本体に刻んで残すようにします。しかし、墓石自体には刻むだけのスペースがあまり多くないことから、埋葬者が多い墓などではスペースが足りないということもあります。

永代供養(霊園・寺院が遺骨を預かり供養や管理を行う供養のこと)を行う合祀墓では沢山のご遺骨を納めることから、墓石代わりとして墓誌を用いることもあります。墓誌は必ずしも必要なものではありませんが、自分や子・孫などの次の世代に家系の構成を伝えるものとして使われています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬