墓石(ぼせき)

墓石とは、墓のしるしとして建てる石材を加工した製品で、墓碑とも呼ばれています。

広義では五輪塔、宝篋印塔(ほうきょういんとう)、宝塔、多宝塔、層塔、板碑なども含まれています。また、墓石自体を墓と呼んでいる場合も多くあります。

日本では平安時代に仏教が伝来した折に、一緒に来日した渡来人によって石工の技術ももたらされました。そして、前述のような五輪塔をはじめとした形で支配階級の間で墓石が作られるようになりました。

その後鎌倉から室町時代になると、禅宗が中国から伝わり、位牌や戒名が出てきました。このことで位牌の形をした板碑や今に伝わる墓石に似た角柱型の墓石が作られるようになりました。

明治以降は墓石は家単位で建てられるようになり、正面に記されるのは故人の戒名から家族単位の墓に変わってきました。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬