喪家(そうけ)

喪家とは不幸のあった家を指す言葉で、御葬家、御遺族も喪家と同じ意味の言葉です。

関東では「葬家」を用いることも多く、「喪家」と用いるのは関西地域を中心に多い傾向があります。元々、喪家とは儒教の喪のある家という意味で「そうか」と読んでいましたが、現在では用いられなくなっています。

慣用句の「喪家の狗」を「そうかのいぬ」と読むのも先述した儒教の読み方から来ています。喪家の狗の由来は喪中の家は亡くした悲しみから犬に餌をやることも忘れてしまい、犬がやせ衰えてしまうことから「やつれてしまい元気の無い」という意味を持ちました。また、宿無しの犬という意味もあり、そこから放浪をする人を指す言葉としても使われています。

葬儀の際に、喪家では配偶者や長男が喪主となります。そもそも喪家になる機会は多くはないので、経験をしたことが無い方がほとんどになります。その為、葬儀社に葬儀の進め方について相談を行いながら、葬儀の準備を行うケースが多くなっています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬