和讃(わさん)

和讃とは仏教歌謡の一つであり、釈迦や仏、教義などを日本語でほめたたえる賛歌のことです。梵語では梵賛、漢語では漢讃と呼ぶので和讃と言われています。

仏教は主にインドから中国経由で日本に入りました。そのため仏教の経典などは元々の言葉で作られていることが多く、それを日本人でも意味が通じるように日本語に訳したものが和讃です。平安中期に天台宗や浄土宗によって広められたとも言われ、天台の本覚論を七五調で詠じた『註本覚讃』は良源の作と伝えられています。

その後、天台浄土教によって和讃が制作されるようになりました。後に本願寺第八世蓮如によって「三帖和讃」が開版され、勤行に使われるようになりました。現在の御詠歌(仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌で唱えるもの)も和讃の流れを組んでおり、和讃は七五調なのに対して御詠歌は31文字で作られています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬