南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)とは念仏であり、南無とはサンスクリットが語源です。

この南無は帰依するという意味で、浄土宗に広く使われている念仏で、阿弥陀仏に帰依して、自分自身をすべて任せるという誓いを意味しています。

この阿弥陀仏は浄土宗系(浄土宗、浄土真宗、時宗など)では本尊として扱われています。それは阿弥陀仏が死後極楽浄土に導いてくれる仏だと解釈されているからです。

また、南無阿弥陀仏は宗派により解釈が違います。

例えば浄土宗で南無阿弥陀仏と唱えると、極楽浄土への往生を願うという意味になります。浄土真宗では不二一体という考え方から、南無阿弥陀仏と唱えると信心と阿弥陀仏が一体であることを証明するものとして解釈しています。

親鸞は南無阿弥陀仏を「なもあびだぶつ」と発音しており、ここから転じて「なまんだぶ」「なんまいだ」とも唱えることが起こりました。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬