南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)

南無釈迦牟尼仏は主に禅宗(曹洞宗、臨済宗)で唱えられている唱名で釈迦牟尼仏、即ち「『釈迦如来』に帰依しています」いう意味です。禅宗では釈迦如来を本尊としている寺院も多く、僧侶らによる日々のお勤めで唱えられているものです。禅宗では座禅を重視し、それによっても仏の道を体得するわけですが、仏はお経を唱える対象・また信じる対象にもなるわけですから、本尊である釈迦如来に対する祈りも大切になってきます。また参禅していない一般の禅宗の信徒たちも日々のお勤めが必要なわけですから、「南無釈迦牟尼仏」と唱えることは座禅に比肩する重要な概念となっています。
お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬