南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)

南無妙法蓮華経(なむみょうほうれんげきょう)は法華経の念仏であり、法華経の教えに帰依するという意味です。由来はサンスクリット語の南無と妙法法華経が組み合わさった言葉で、南無が帰依するという意味から法華経を信じることを表しています。

妙法という部分の妙法はお釈迦さまの教えのことで、蓮華は蓮華の花から来ています。そして蓮華の花は白とされ、白は真実を指し正義の色として法蓮華経を意味しています。

この南無妙法蓮華経を唱えることで教えを信じて自分が大きな宇宙の中の一点であることを意識し、仏に成れるように精進するとされています。これは唱えること自体が修行であり、大宇宙を構成する一生命体としての自分を意識して、宇宙本来力を自分の体に呼び戻す「回帰や覚醒」という考え方です。

南無妙法蓮華経は「なむみょうほうれんげきょう」や「なんみょうほうれんげきょう」と唱えたりします。南無妙法蓮華経は日蓮宗の元祖日蓮上人がはじめ、日蓮以前でも天台宗に唱えられていたと言われています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬