南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)

南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)は真言宗の念仏で一番短いお経です。

遍照金剛とは太陽のようにすべてを照らす慈悲があり、人々を幸せにする仏の智慧をお持ちの方という意味です。

また、遍照金剛とは空海が真言密教を極めた時に頂いた灌頂(かんじょう)名です。

灌頂とは密教儀式の一つで修行者が上位に上がる時に呼ばれます。この遍照金剛とは大日如来(宇宙そのもの、根本仏のことを指し、仏教でいう釈迦をも作り出した創造主という意味)の別名です。弘法大師は歴史的人物として有名ですが、大師と言うと弘法大師のことを言います。

この念仏を唱えて巡るお遍路は有名で、四国四国八十八箇所霊場は空海が山岳修行をしていた場所と言われて、現代でも霊場として残されています。

お遍路の着ている白衣の背には南無大師遍照金剛がつけられています。これは歩いて霊場を巡る時に南無大師遍照金剛を唱えながら、大師と一緒に同行して頂き、大日如来に守られていると考えられています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬