分骨(ぶんこつ)

分骨とは荼毘にふした後の故人のお骨の一部を、別の場所に納骨することをいいます。

これは先祖の墓が離れている場合やなかなかお墓参りにいけないというケースがある時に、別の場所や家族の近くにお墓を作り分納する場合があります。

分骨をすることは供養になるのかどうかを心配されるケースがありますが、仏教的側面からいうと問題がないとされています。分骨にあたっては、納骨前に分骨する場合と、納骨してから分骨する場合があります。実際に行う場合、納骨をしてしまってからすることになると分骨証明書を発行しなければならず、他にも手続きが必要になってしまいます。そのため、最初から分骨予定の方は納骨前に分骨を済ませておけば、手続きの煩わしさがありません。

また、故人を火葬する前に予め葬儀社に分骨の意向を示しておくと、分骨用の骨壺が用意されます。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬