六曜(ろくよう)

六曜(ろくよう)とは中国歴の陰陽五行から生まれた考え方です。吉凶の判断をする暦注のことで、6種類の先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口からなります。

鎌倉時代に日本には伝わったとされていますが、実際に一般で使われるようになったのは明治以降です。葬儀の時は六曜の友引は避けることがあります。それは故人が友を引くということを連想するからだと言われています。最近では迷信として考えて葬儀を行う方もいますが、一方で年配の方は気にされるケースもあります。また、友引自体を定休日にする火葬場もあり、地域により友引に告別式を行う時に友人形という小さい人形を副葬品として納める場合もあります。

葬儀の日に関しては大安、仏滅などは関係なく組まれます。また、法事や法要などは六曜に関係なく執り行われることが多いようです。宗派により日の吉凶を選ぶことは良くないという考え方から、六曜を迷信などとして否定していることもあります。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬