供養(くよう)

供養(くよう)とはもともと奉仕する、そなえ仕えるという意味からきています。

仏と法と僧の三宝(さんぼう)や死者の霊に、行動と言葉と心(又は身と口と意)の三種類の方法で供物を捧げることです。仏典中にも言語として度々登場し、ヒンドゥー教でも供養を表しています。不殺生を表現する仏教が、その逆のバラモン教の動物を犠牲にする供養に対して行った生命尊重の形式です。


初期の教団においては、衣服・飲食(おんじきと読みます)・臥具(がぐ)・湯薬を僧に供養したことが始まりと言われています。その後、土地や精舎(しょうじゃ)や塔廟(とうびょう)に対して供養するようになりました。またさらに供養に財と法の区別(二種供養)も行われるようになりました。


大乗仏教ではこのような供養よりも精神的供養が重視され、読経や書写などが中心になりました。恭敬(くぎょう)・礼拝(らいはい)・合掌(がっしょう)といった供養法です。仏だけでなく供養塔を設けたり、一般の死者のための塔婆(とうば)供養も回向(えこう)する時に用いられるようになりました。


このように徐々に供養が法会(ほうえ)を指すようになり、死者の冥福のための追善供養や施餓鬼(せがき)供養などが行われるようになりました。他にも魂入れと呼ばれる開眼供養(かいげんくよう)・経供養・鐘供養などがあります。


1000名の僧侶を招き食事などを供養する千僧供養会(せんそうくようえ)なども供養と呼ばれ、仏教行事類を供養と呼ぶようになりました。そして供養という意味が拡大していきました。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬