位牌(いはい)

位牌とは元々中国の儒教から伝わったといわれていますが、現代では仏式の葬儀の際に、白木位牌を用いる事が一般的です。

白木位牌には戒名・没年月日・享年などを僧侶が記し、僧侶の供養により魂が入るとされています。一般的には四十九日の法要までに黒塗りの本位牌を用意し、僧侶の供養により白木の位牌から本位牌へ魂を移していただきます。これを開眼供養といいます。

近年本位牌にも様々な形状と材質が用いられており、瀬戸物やクリスタルガラスで作られた位牌もあります。開眼供養後は仏壇に安置し、ご自宅での供養の対象とするのが一般的です。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬