仏飯(ぶっぱん)

仏壇に供える炊き立てのご飯のことを仏飯といいます。仏飯は朝お供えして、昼には下げるのが一般的です。インドでお釈迦様に食事をささげたことから始まります。お釈迦様は一日一食で、それも午前中に済まされていました。朝お供えするのは、この故事にちなんでです。午後に下げるのは、比丘(びく、僧侶の意味)の食生活に習ったもので、比丘は朝昼の二回しか食事をしないので、午前中に下げてしまうということが、習慣化したようです。伝統的にお昼頃までに下げてしまいましたが、どうしても夕方にしか下げられないという人は、朝のお参りがすんだら、お下がりということで召し上がってもてもいいようです。
お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬