仏壇(ぶつだん)

仏壇とは、もともとは仏像や仏具を飾り、御仏を祀るための台のことをいいます。

現在の各家庭にある仏壇は、寺院にある仏壇を小型にしたものです。家庭用の仏壇の中には厨子(ずしと読む、仏具の一種)を一体化させて、箱の形にしてあり、ご本尊は(各宗派の一番重要な仏)は仏壇の最上段の中央にお祀りされています。この意味から、仏壇は家庭内のお寺という意味でもあります。

仏壇のルーツとして古くから語られているのが法隆寺の「玉虫厨子」(たまむしのずし)です。

天武天皇の頃に勅令(ちょくれい、天皇の命令)があり、各家庭でも仏壇を置くようになったと言われています。

この仏壇は信仰に基づいて広まったものです。

昔は宗教的な意味合いを持ったものでしたが、最近は亡くなった家族の象徴という意味でとらえられています。最近では住宅事情に合わせてモダンな薄型仏壇や、一見仏壇とはわからないオブジェタイプのものなど様々なものが登場しています。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬