中陰(ちゅういん)

中陰(ちゅういん)とは人が亡くなってから49日間のことを指します。これは無くなった後に次の生を受けるという仏教の教えで、この期間は現世(うつしよ・この世の意味)と常世(とこよ・あの世の意味)の間にいるとされ、亡くなった方が常世に旅立つ期間とも考えられています。

浄土宗や浄土真宗は、人が臨終すると浄土に往生するという考えで、この期間は亡くなった方に対して懐かしく思いを馳せたり、亡くなった方を通じて日頃考えない死生観を意識して求法(ぐほう・仏の教えや悟りの道を求める意味)を行います。

日本では仏教の教えの一つになっていますが、仏教の発祥であるインドにおいては、命日を含めた7日毎、7週毎に法要を行ったといわれています。仏教の49日目に次の生を受けるという考えはインドの輪廻の思想から由来されています。

これは亡くなってから49日目に次の六道(仏教の6種類の世界・人間・修羅・畜生・飢餓・地獄を指す)のどの世界に転生するのか決まるとされていました。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬