一蓮托生(いちれんたくしょう)

一蓮托生とは、よい行いをした者は極楽浄土に往生して、同じ蓮はすの花の上に身を託し生まれ変わると信じられていることを言います。 転じて、事の善悪にかかわらず仲間として行動や運命をともにすることを指します。「托」は、よりどころとする、身をよせる意で、「託」とも書きます。  仏教では、浄土の仏は神聖な蓮の花の座にいるとされており、仏像も蓮の花を台座として安置されます。 「托生」とは仏教語で身を寄せて生きるこという意味です。 「行動や運命をともにする」という意味で、「死ぬも生きるも全員―だ」などと使われるようになりました。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬