一膳飯(いちぜんめし)

故人をお寝かせしている枕元にお供えすることから「まくらめし」ともいわれています。

故人が生前に使用していたお茶碗にてんこ盛りに白米を盛り付け、やはり生前に使用していた箸をご飯の中央に垂直に突き立てます。これには諸説ありますが、箸を立てるのはこの世とあの世の橋渡しという意味があります。箸を通じて死者の霊が天に昇るという意味ですが、大昔には大変な贅沢品であった白米を山盛りでお供えする事で、故人が生き返ることを願っての作法であったともいわれています。

江戸時代など白米が贅沢品であった時代の名残が近年まで残り、一膳飯を枕元に供えることがお葬式の際には当たり前のように行われていますが、基本的には仏式に用いられる作法です。ただし宗派によっては箸を立てない場合もあります。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬