ターミナルケア(たーみなるけあ)

ターミナルケアとは、末期がんなどの患者や家族のために、苦痛を緩和して死に対する恐怖を和らげるために医師や看護師、ソーシャルワーカーや宗教家、ボランティアといった専門家のチームが援助することを指します。来るべき死をできるだけ恐怖や苦痛から緩和させて、少しでも解放されるように患者のQOLを向上させる目的で行われています。

医療の延命治療が必ずしも治療の中心ではなく、家族・親しい友人を含めて最期までできるだけ積極的に生きられる、悔いのない最期を迎えるためのケアです。そのためターミナルケアのサポート範囲は患者だけでなく、その家族も精神面で支えることが重要になります。同時に延命治療と一緒に行われることがあります。特に末期がん患者のケースでは疼痛の管理、胸水や腹水のコントロール、蘇生処置に関しての確認もターミナルケアの範囲となっています。

日本では1990年以降から健康保険が使えるホスピスが増加し、ターミナルケア病棟も高齢化社会を迎えて必要不可欠な存在になっています。

末期がんなどのケースでは、疼痛の管理、胸水や腹水のコントロール、蘇生処置をどうするかなどの確認もターミナルケアに含まれます。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬