お逮夜(おたいや)

お逮夜(おたいや)とは忌日の前日に法要を行うことで、別名は大夜、宿夜といいます。

仏教では、死後七日ごとに法要を営み、死者を弔い、その後三十五日または四十九日、一周忌といった法要をして、忌明け(故人の冥福を祈り喪に服す期間を終える日)の法要とします。

お逮夜・七日法要を行う理由は、故人が亡くなったあとの裁きの際での罪を軽くするために、功徳を供養する為となっています。

昔は逮夜の法要と忌み日の法要の両方を行うことがありましたが、現在ではどちらかの日に法要することが一般的です。本来は七日ごとにお寺から僧侶を呼んで法要してもらっていましたが、最近では、初七日、五七日、七七日(四十九日法要)で行うことが多いようです。

また日付は都合で早めてもかまいません。法要の都合がつかなければ日付を早めて行いますが、基本的に遅らせることはしません。

 

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬