お水取り(おみずとり)

奈良県にある東大寺二月堂で毎年行われる行の一つ。

例年、3月1日から14日まで本行が行われ、終わるころには冬が明けていることから、春を告げる行事ともいわれます。奈良時代から続く伝統行事で、752年以来、途絶えたことがありません。

お水取りは、東大寺を開山した良弁(ろうべん)の高弟、実忠が始めたとされています。旧暦の時代は2月1日から実施されていたため、二月に修する法会「修二会」と名付けられました。

人々に代わって罪を懺悔(ざんげ)し、天下泰平や五穀豊穣を祈るこの大規模な行事は、まず行を執り行う11人の「練行衆(れんぎょうしゅう)」を決めるところから始まり、良弁の命日である12月に練行衆の発表があると、翌年2月に前行である別火(べっか)が始まり、練行衆は泊まりこみで本行の準備に当たります。

 

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬