お棺(おかん)

「お棺」とは、ご遺体を寝かせて納める長方形の箱の事を言います。近年ではお柩(おひつぎ)というのが一般的です。

江戸時代は座棺が主流でした。座棺とは死者を体育座りのような姿勢で納める桶の事を言います。その名残で、お棺を棺桶(かんおけ)とも言います。当時は土葬がスタンダードで、墓地まで人力で運搬と埋葬を行いましたので、効率を考え座棺が採用されたとされます。

火葬が原則となってからは、やはり効率から寝棺が主流になり現在に至ります。

近年では、様々なデザインと装飾を施したお棺があり、生前にお棺をオーダーメイドで準備する人もいます。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬