お別れの儀(おわかれのぎ)

「お別れの儀」とは、葬儀・告別式を終えた後に執り行う儀式の事を言います。

宗派問わずに行われる儀式です。基本的には遺族親族を中心に執り行います。祭壇の前に安置された柩を式場の中央へ移動し、頭が祭壇の方を向くように配置してから蓋を開けます。祭壇のお花を切り揃え、喪主から順に遺族親族が柩の中へ納めます。この時に、故人の愛用品や、好きだった食べ物を入れる事もありますが、燃えにくい物や金属製品、燃やすとダイオキシンが出るプラスチックなどは避けるようにします。

故人に対する感謝の言葉を語りかけながらお別れをし、最後に蓋を閉じます。火葬時間を定めてのスケジュールで行いますので、時間的には15時20分くらいが一般的です。

木棺が主流の頃は、蓋閉じの後、締めくくりとして、釘打ちの儀を執り行いましたが、布製の柩が主流となった近年では、ほとんど行われなくなりました。

葬儀 関連用語を紹介しています。

お急ぎの方 メールでのお問い合わせ 5,000円キャンペーン
光彩セレモ会員に登録しませんか?
>詳細はこちら
火葬式友人葬家族葬一般葬などお客様のご要望・予算に応じた 葬儀 プラン
「新生活葬送システム」でどんなお困りの方にも、最適な 葬儀 プランをご提案可能です。

 

光彩セレモの特徴


公開日:  最終更新日:  株式会社和敬